日本ハウスホールディングス(旧 東日本ハウス)ならここがオススメ

タウンライフ家づくり

お金の不安が解消する
素敵な間取りを提案してもらえる
希望の土地が見つかる
住宅展示場を回らなくてもいい
しつこい営業がない

ハウスメーカーの口コミ

多分、ボイラーがあってセントラルヒーティングで温熱を送っている家庭があることわかってもらえない。絶対。

 

札幌の住宅は保温のために高気密、なので、セントラルヒーティングでもガスでも石油でも、暖房システムは室内で炎を燃やすような直接的なものではなく、屋外のボイラーでガスなり石油なり燃やして熱媒液を屋内に送り、それで屋内を温めるシステムになってる。なので、熱交換に電気がいるのである。

 

寒さに負けました…
セントラルヒーティングの
暖房スイッチ押しました
エアコン工事申し込んできた翌日に
暖房を入れる…
負けた気分…(誰にだ?(笑)

 

9℃しか無いです。寒さに負けて家のセントラルヒーティングをオン。灯油が高いので、灯油代が怖いです。

 

北国は夏場エアコン代が安いけど、冬場の暖房費がめちゃくちゃかかりますね。

 

しかも今の北海道の家は、煙突式のストーブを設置できる仕様になっていないので、古い家か最初から薪ストーブを使う仕様で建てないと、そもそも薪ストーブは使えないんですよね。FF式ストーブやボイラー式のセントラルヒーティングが主流なので。なのに薪を燃やせ言われてもねぇ(^_^;)

 

暖をとるのはセントラルヒーティングを使っていたそうで、暖炉で火をたく必要がなかったとのこと。

 

セントラルヒーティングの装置があったことから、各室にこのような通気口が設けられています。

 

ぼくの夢は、スプーンカットした檜の床か壁の家に住むことです。

地域別の自転車屋おすすめリンク集